ボトックス副作用について知る【医師の指導に従う事が大切】

  1. ホーム
  2. 今人気のエラ張り改善施術

今人気のエラ張り改善施術

注射

注目度が高い人気の施術

耳の下の方に手を当てて、歯を食いしばった際にボコッと出るのが咬筋です。食いしばりの癖があったり、寝ている時に歯ぎしりをしたりする癖がある人はこの咬筋が発達しやすく、エラ張りになってしまう場合があるでしょう。エラが張ってしまうと大顔に見えてしまい小顔には程遠くなってしまいます。やはり大顔になってしまえば気にする人も多く、それが深刻な悩みになってしまう人さえいます。そこでボトックスを使用した施術を行うことで、簡単に悩みを解消することが出来るでしょう。なぜ悩みを解消することが出来るのかというと、それはボトックスの効果が関係しているからです。ボトックスはボツリヌス菌から抽出したたんぱく質の一種です。このたんぱく質を使用することで、神経伝達物質であるアセチルコリンの働きを弱め、筋肉を動かしにくくすることが出来ます。筋肉は使えば使うほど大きくなりますが、その半面使わなければどんどん小さく、そして細くなっていくでしょう。その効果を利用したのがボトックス注射であり、エラ部分の咬筋に使用すれば咬筋が動かなくなり縮小していきます。咬筋が小さくなればそれが原因によりエラも解消され、すっきりとした輪郭をつくることが出来るでしょう。注射器だけで簡単にほっそりとした輪郭をつくることが出来、ボトックス副作用も少ないので大変人気です。やはり施術を受ける際ボトックス副作用が気になりますが、それが少ないというのも人気の秘訣でしょう。雑誌やテレビなどで紹介されているのを見たことがある人もいるかもしれませんが、口コミサイトにも連日たくさんの声が寄せられており、その注目度の高さを知ることが出来るでしょう。ボトックス注射はボツリヌス菌を使用した施術ですが、毒素を使用しているからといってそれに伴うボトックス副作用がある訳ではありません。毒素を直接使用している訳ではなく、安全に使用出来る様に調整して加工しているので、その点に関しては安心して良いでしょう。ただし、ボトックス副作用が必ずしも出ないという訳ではありません。場合によっては多少出てしまう場合もあります。例えばボトックス注射をした部分が少し痛い、赤みがあるなどのボトックス副作用があるかもしれませんが、それも目立つものではなく、虫刺され程度なので心配する必要はありません。また、まれにボトックスの注入量が多すぎてしまい思った以上に効果が出てしまうと、筋肉が動かず表情がつくりにくいなどのボトックス副作用が出てしまう場合もあるでしょう。この場合も、ボトックスの効果が薄れてくれば、元の状態に戻っていくので安心です。気になる症状がある場合は遠慮せずにドクターに相談する様にしましょう。ボトックス注射は施術を受けた後も普段通りの生活をすることが出来るので大変人気です。メスを使用した施術であれば、腫れや内出血がひどく、数日は人目を避けなければいけないということがあるかもしれません。しかし、このボトックス注射であれば、人に施術を受けたことをほとんどの場合ばれることが無く、自然と痩せた様な仕上がりになるでしょう。しっかり効果を発揮してくれますが、徐々に効果が出てくるので、ごく自然に見えるのも嬉しいですよね。身近な人でさえ施術を受けたことに気付かないかもしれません。